自動車保険の等級の仕組みとは?

車を運転している人の中には、「まだ一度も事故を起こした事がないよ」といった人や、「もう3回も事故を経験しちゃったよ」なんて言う人、様々いらっしゃると思います。

 

けれど、もし、そんな方達の自動車保険の保険料がみんな同じ金額だったら、なんとなく不公平な気がしませんか?
その不公平さを無くす為に作られた仕組みが、「自動車保険の等級」です。

 

それでは、自動車保険の等級の仕組みとは、一体どう言ったものなのでしょう。

 

まず、初めて自動車保険に加入する際は、「6級」からスタートします。
そして、無事故であった場合には、1年ごとに1等級ずつ上がって行き、最終的には20等級まで上がります。

 

けれど、もし途中で事故を起こしてしまったら、3等級下がる仕組みになっていて、最終的には1等級まで下がります。
例えば、やっと10等級まで上がったと思った年に事故を起こしてしまったら、7等級になってしまうと言う訳ですね。

 

それでは、等級が上がると何が有利かと言うと、それだけ安全運転を行っているドライバーと言う事で、保険料がかなり安くなるメリットがあります。

 

自動車保険に加入して1年間無事故で7等級に上がっただけで20%も割引になったり、16等級ぐらいになると約半分の割引をしてもらえるようになったりします。

 

逆に、加入時の6等級から事故を起こして3等級下がると、約30%も保険料が割増になるのです。

 

自動車保険を安くする為には、常に安全運転を心掛けて、この等級を少しでも上げる事が一番だと言えるかもしれませんね。