対物賠償保険とは?

対人賠償保険と同じような考え方の保険に、「対物賠償保険」と言うものがあります。
それでは、この対物賠償保険とは、一体どう言った保険なのでしょう。

 

対物賠償保険とは、自動車事故によって他人の財物に損害を与えてしまった場合に補償される保険です。
つまり、対人賠償保険が「他人」に対する保険であるのに対して、対物賠償保険は「他人の財物」に対する保険で、考え方としては対人賠償保険とほぼ同じで大丈夫です。

 

この保険は、事故を起こした相手の車を補償する保険として認識されているようですが、補償内容は幅広く、間接的な損害である営業損害や休車損害等の逸失利益も補償してくれる重要な保険です。

 

例えば、店舗に突っ込んでしまった場合には、修理するまで営業が出来ない事に対する店舗の営業損害、高額な精密機械を積載しているトラックと衝突した場合の賠償など、高額な支払いになった場合でも保険の限度額まではカバーしてくれます。

 

この事からも、契約する際には、保険金の支払い上限額をよく考える必要があると言えるでしょう。
また、この保険で注意しなければならない事は、対人賠償保険と同じように、運転者、また、その家族、同居の親族の車や物の損害は補償されません。

 

運転に失敗して車体に傷が付いてしまった、自分の車で自宅の壁を壊してしまった等と言った場合には、保険金は支払われないので注意しましょう。