自動車保険の保険料

自動車保険に加入してれば、必ず保険料を支払っていると思いますが、その支払っている保険料をどのようにして決めるのでしょうか。

 

一般的に、自動車保険の保険料は補償金額、補償範囲、等級、契約者の条件、車の使用用途、特約などによって大きく変わります。

 

自由化になる前は、自動車保険の料率(リスクを数字に換算したもの)はどの保険会社も同じでしたが、自由化になってからは保険会社毎に変わってきています。

 

自動車保険の保険料でウェイトが高いのは車両保険の部分で、車両の形式、初度登録年、車両価額による判定と、形式ごとに決められた1から9までの車両クラスによって決まります。

 

また、自動車保険の保険料は、価格や事故率が高い車両は高く価格や事故率が低い車両は安くなっています。
運転者の年齢によっても自動車保険の保険料は違ってきます。年齢を問わず担保と30歳未満不担保では、自動車保険の保険料には倍以上の開きが出る可能性があります。

 

また、最近では任意の自動車保険にリスク細分型自動車保険があり、契約者の年齢、居住場所、性別、年間走行距離、免許証の色などでリスクを細分化し車所有者の保険料を算出する保険もあります。

 

たとえば事故の少ない地域に住んでいたり、免許証がゴールド免許であったり、また、男性と女性とでは、女性のほうが自動車保険の保険料は安くなっているようです。