自動車保険の役割

自動車保険は、日常自動車を運転するドライバーの方々にとっての必要性は言うまでもありませんが、特に普段自動車を利用しない、言わば交通弱者の方々にとっても非常に重要な社会的役割をも担っています。

 

自動車保険は、今や社会保障のひとつのように、毎日の人々の暮らしに根付き、意識的、物理的に機能しています。

 

飽和状態とも言えるこの自動車社会において、自動車保険がもし正常に機能しなければ、被害者はもちろん、加害者ドライバーにもあらゆる救済措置が取られることはなく、道路は無責任で理不尽な凶器が横行しているも同じです。

 

自動車保険はこれら全ての危険に対するものであり、歩道を正しく歩いているだけの人にとっても決して他人事ではない、事故の恐怖を幾分にも軽減する働きがあります。

 

交通事故の危険はどんな場面にも可能性として潜んでいますし、自動車保険は道路上の車対車のみならず、車対歩行者、車対建造物と、車対建造物の中にいる人々、車対建造物の中の法人と経済損失、など多岐にわたります。

 

しかしながら私達生活者は、自動車保険に対して依存や慢心を抱かず、マナーやルールを遵守し、自身の過失を起こさぬよう心がけていかなければなりません。